アトピー肌のケア

お姉さん乾燥する時期になると、お肌がカサカサになってしまいがちですが、アトピー性皮膚炎の方は、その肌の特徴ゆえにさらにトラブルを起こしてしまいがちです。そのようなアトピー肌の角質層は健全な皮膚よりも角質層の細胞間脂質の主成分であるセラミドが少ないため、乾燥しやすいだけでなく、外部からの刺激や異物の侵入を防ぐためのバリア機能が低下しており、そこを通じて内部に侵入した異物を免疫細胞が排除しようと攻撃をします。これにより、かゆみや赤みなどが発生したり皮膚炎となったりとします。その多くは発疹として顔や首、膝や肘などにあらわれ、ひどくなると全身にまで広がりをみせます。

では、その症状を和らげるためにはどのようなスキンケアを行ったらよいのでしょうか。水分が保たれ、トラブルの原因となる刺激や異物をブロックするためには、「3大保湿因子」を補うことが重要で1つとして、元来皮膚に備わっている保湿成分であるアミノ酸や尿素などの「天然保湿因子」を減少させないために水分を補う必要があります。2つとして、スポンジのように角層細胞と水分をつなぎとめる役目を果たす「セラミド」が水分を保つことによりバリア機能が向上し外からの刺激などで肌荒れしにくい肌へ導きます。3つとして、補った水分を逃がさないよう「皮脂」を、蓋となるように皮脂膜を強化させることで、乾燥を防ぐことができます。

アトピー肌で炎症を起こさないために必要なことは、概ね以上となります。このサイトでは、そのような。お肌の改善にお役に立てれば幸いです。