保湿剤の選び方

女性敏感肌以上に敏感な肌であるアトピー肌の方は、普段の時以上に炎症を起こしている時には、さらに敏感となるため、平時には使用しても問題ない化粧品が原因となり、炎症が悪化しまうことがあります。そのような肌にとって肌の表面を保護するための保湿剤選びは重要となります。

表皮を保護する保湿剤の代表的なものはワセリンとなります。しかし、ワセリンと一言で言っても様々な精製度のものがあります。その中でも「サンホワイト」や「プロペト」といった精製度が高いものが望ましいです。ワセリン以外を使用する場合は、ある種の飽和脂肪酸であるオレイン酸などといった脂質の種類によっては、角質層内の細胞間脂質のバランスを乱し逆効果になることもあります。そのため、肌に刺激を与えない無添加なものでも、配合されている脂質の種類にも注意して選ぶ必要があります

また、肌の水分保持を目的とした保湿剤は、3種類ありますが角質層のセラミド不足の状態であるアトピー性皮膚炎の皮膚には、水分を層の中に挟み込んで保持する保湿成分が配合されている保湿剤がおすすめです。代表的な成分には、スフィンゴ脂質セラミド水素添加大豆レシチンなどがあります。そのため、アトピー肌の方には大変有効な保湿成分でありますが、そのセラミドの中でも、人の皮膚と同様のセラミドの構造をしている「ヒト型セラミド」か「天然セラミド」が配合されたものが望ましいです。しかし、セラミドは水に溶けづらく化粧品などに配合するには界面活性剤が必要不可欠となります。そのため、アトピー肌の方には刺激となってしまう場合があるため注意が必要です。

スキンケアと保湿

お肌のトラブル防止に保湿は必要だとわかっていても、保湿剤も様々あって、どれを使うのがベストなのかわからないという保湿剤の選び方でお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?ましてや、アトピー肌で下手なものを使うとすぐに発疹が出てしまうなどいうお悩みを持っていたら、なおのことです。では、一体どのような保湿が、アトピー肌の方には必要なのでしょうか。

乾燥まず、アトピー肌には、大まかに2種類の保湿が必要です。一つは「表面をしっかり保護するための保湿剤」です。なぜならば、無防備な肌に異物や刺激が侵入することで、かゆみや炎症が発生し、バリバリと掻いてしまい、さらに乾燥しかゆみが増してという無限ループの状態になり、炎症を起こしやすい環境にさせないために、肌表面をコーティングし、乾燥や異物の侵入を防ぎます。もう一つは、「肌の水分を保持するための保湿剤」です。それは、アトピー肌の乾燥しやすさは肌の水分量が低下した状態となります。それを改善するために肌に水分を与える・保持する、そのような保湿が出来るアトピーケアを行う必要があります。

そのような保湿を、症状が軽い時から日常的に、入浴時には石鹸は泡立てて使うしっかりと洗い流すなどの正しいスキンケアと合わせて行う事で、皮膚のバリア機能を保持しやすくなります。

アトピー肌のケア

お姉さん乾燥する時期になると、お肌がカサカサになってしまいがちですが、アトピー性皮膚炎の方は、その肌の特徴ゆえにさらにトラブルを起こしてしまいがちです。そのようなアトピー肌の角質層は健全な皮膚よりも角質層の細胞間脂質の主成分であるセラミドが少ないため、乾燥しやすいだけでなく、外部からの刺激や異物の侵入を防ぐためのバリア機能が低下しており、そこを通じて内部に侵入した異物を免疫細胞が排除しようと攻撃をします。これにより、かゆみや赤みなどが発生したり皮膚炎となったりとします。その多くは発疹として顔や首、膝や肘などにあらわれ、ひどくなると全身にまで広がりをみせます。

では、その症状を和らげるためにはどのようなスキンケアを行ったらよいのでしょうか。水分が保たれ、トラブルの原因となる刺激や異物をブロックするためには、「3大保湿因子」を補うことが重要で1つとして、元来皮膚に備わっている保湿成分であるアミノ酸や尿素などの「天然保湿因子」を減少させないために水分を補う必要があります。2つとして、スポンジのように角層細胞と水分をつなぎとめる役目を果たす「セラミド」が水分を保つことによりバリア機能が向上し外からの刺激などで肌荒れしにくい肌へ導きます。3つとして、補った水分を逃がさないよう「皮脂」を、蓋となるように皮脂膜を強化させることで、乾燥を防ぐことができます。

アトピー肌で炎症を起こさないために必要なことは、概ね以上となります。このサイトでは、そのような。お肌の改善にお役に立てれば幸いです。